大山崎JCT CGデータについて

こんばんは。

以前、公開していた大山崎JCTのCGデータですが、
自宅サーバを停止したため、ダウンロードできない状態が続いておりました。

そこで、というわけではないですが、
最近レンタルサーバを運用し始めまして、
そちらにて公開しています。


ダウンロードはこちら

http://web-tomo.sakura.ne.jp/oyamazaki.zip


ファイルのオープンにはフリーソフトのメタセコイアが必要です。

開発当初はVer3でしたが、最近Ver4が登場したようです。

私個人、Ver3を長らく使用してましたので、
現在、八幡ジャンクションの開発もVer3を使用しています。


ただ。

Ver4には新機能もたくさんあり、

たとえば、面を一斉に貼る、だとか、


かなり便利な機能がありますので、使い分けるようにしています。





どちらでも開くので是非お試しください。

では。
スポンサーサイト

八幡ジャンクションCG化5

ついに…!
Aランプが途中までですが架かりました。
フィールド5


こんな感じ。

このあとこのランプの右側をつなげて、Aランプ橋は終わり。
次はCランプの工事へと進みます。


お楽しみに。

ジャンクションCG化のために…

こんばんは

CG作っていて、
「細かい数値計算いちいち計算するの面倒だなー」とか
「数値入力で決まった操作するの面倒だなー」と思ったときは


本職のプログラマの腕の見せ所です(本職ではありません)

たとえば法面が1:1.5で、
水平距離が100だったとしましょう。

垂直距離は66ですが、
これを瞬時に計算する補助プログラムを作ってみたり、

膨大な線形情報をXYZ座標1つずつ自動的に入力してくれる支援プログラムをつくったり、



やっぱり人間楽しないとね。

これで、完成までの道のりが、ぐっと短くなりました。

今年中の完成を目指します。

八幡ジャンクションCG化4

どうも、こんばんは

tomoです。

緊急公開から数日。
前日の日曜日に現場に行ってまいりまして、

現地調査をしてきました。

桁はAランプの一部がすでに架かっていて、
インター付近の林も、造成されていました。


今回のCG化はかなり細かいところまでこだわっています。
とりあえず、今日までの状況。

フィールド2


Aランプの橋脚とAランプ橋が追加されました。
左下の方です。


ここはまだ現場でも架かっていません。
先取りです。


フィールド3


今回のCG化ではカントも再現しています。
より道路らしくなりますね。



ぐぐっと寄ってみましょう。

フィールド4

北側から覗き込んでみました。


ちなみに毎度おなじみ、国道1号線のマッピングはGoogleMapです。

今回もひろーい敷地分をつぎはぎしました。



さて、
これからの予定です。

制作の都合上、橋脚、橋台を一気に作りたいと思います。

んで、Aランプ橋から順番に架設。

料金所とかはたぶん一番最後です。

今回は看板なんかも作ってみたいな。

もちろんあのフォントで。

田辺PA新設工事

というわけで、

第二京阪道路、田辺PAの新設工事の模様をお伝えしたいと思います。


先月13日に橋げたの落下事故があってからしばらく工事がストップしていたんですが、

ようやくスタートしました。


CG化がなんとか間に合ったのでそれと合わせてレポートしていきたいと思います。





まずは南側、大阪門真方面の車が利用するPAゾーンの工事から。

tanabe1.jpg

クリックで拡大します。


現在側道上部の桁架設が行われています。

tanabe2.jpg

クリックで拡大します。


昨日までに手前の8本、
今日で奥の10本の架設が完了しています。

奥の10本に関しては、まだ9本の架設が残っていますが、それは明日以降のようです。


tanabe3.jpg

クリックで拡大します。



こちらはPAの入口付近の様子。

手前側が10本の3スパン。
奥が34本。

ここはPAに入ってくる車と、PAから出る車が通るわけですが、
簡単に予想してみました。


tanabe4.jpg

クリックで拡大します。


それがこちら。

下を通っているランプから上がってきた車(PAに行こうとする車)は①のルートを通ってPAに進入します。

おそらく直角に近い角度で進入することになるので、本線から分流した時点から徐行のサインが出ると思います。


そしてPAから出る車はぐるっと回って②のルートを通ります。

ルートの先にはトンネルがあり、そこから北側のPAをくぐって本線に合流することになります。


まあ予想とは言いましたが、ほぼ確実にこのルートで出入りすることになるでしょう。







さて、お次は北側。

こちらは京都、久御山方面からの車が利用するPAになります。


tanabe5.jpg

クリックで拡大します。


橋げた落下の事故があったのはおそらくこちら。
手前側の桁のうちの1本でしょう。

長さ24m、重さ25トンもあるらしいですが・・・


こんなのが落ちてきたらひとたまりもないですね。



幸い一緒に落下した作業員2人は骨折で済んだのでよかったですが。



tanabe6.jpg

クリックで拡大します。



アップしてみました。

こちらはPAから本線に戻るランプになります。

実はこの辺かなりややこしいんですよね(笑


京都方面からPAへの進入の仕方は今現在の様子を見る限りでは想像できません。

というのも・・・

tanabe7.jpg

クリックで拡大します。


これは京都側から見た北側の画像です。

左側に本線から分流するランプ橋脚があります。



そのランプの向かう先には下り坂が・・・。


そしてその先には・・。


tanabe8.jpg

なぜか行き止まりのトンネルが・・・。


誰か説明してください(爆




おそらくランプからPAに分流できるように造るとは思うのですが・・・。


問題はこっちの下り坂の方なんですよね。

先が行き止まりとなると・・・。

何なんでしょう。これ。


P1030137.jpg

クリックで拡大します。


これが実際の現場の写真。


これ、どう見ても行き止まりですよね(笑




実はこのパーキングエリア、ハイウェイオアシスを併設する予定だったんです。

その予定で建設されているので、北側と南側を分断するコンクリート部分は、
中が空洞になっていて、東側のエリアから京阪の本線に合流できるようになっています。

それがこちら。

tanabe9.jpg

クリックで拡大します。



画像右上が北側京都方面、左下が大阪方面です。


東側のこの入口から本線に入ることができるのですが、

計画が撤回された今、この入口は封鎖されています。




で、

ですよ。

先ほどの行き止まりトンネル、
てっきり最初はこのハイウェイオアシスにつながるトンネルかとも思ったんですよ!

でも、行き止まりになってちゃあ、ねぇ。


もしかして
塞いでこの形になったのかな?(爆




うーん。

調査が必要です。







というわけで、

一気にどどーんと紹介したわけですが、

これからは週2くらいのペースで現地調査を行い、CGに反映させて、紹介していきたいと思います。



とりあえず今現場にきている野田クレーンさん所有のLTM1220をCG化するか・・・(ぉ
プロフィール

tomo

Author:tomo
ジャンクションが好きすぎて開設したブログ。
主に関西方面のジャンクションが中心になってますが、どうぞよろしく。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示