スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長らく停滞しておりました

ごめんなさいです。


さて、

最近ダダハマリしてるのが


名神と京滋バイパスの接続点、大山崎ジャンクション


なんか調べれば調べるほど楽しいんですよ、このジャンクション(笑



描画



これね


今ちょっとした計画を立ててて、
その資料です。



このジャンクションのポイント!!

まずはその形状

名神を中心にみるとT型ですが、京滋バイパスに目を向けるとなんじゃらホイ。



というのも、このジャンクションはインターチェンジを併設しているんです。

そのため、接続構造がかなり大変なことになってます。



下を通る新幹線の高架の上に5つもの桁が架かってたり(笑



ランプを細かく解析していくとわかるんですが、

ジャンクションの一番南東側の合流レーン2本がポイント。

外側が名神とインター入口から、つまりこれから京滋バイパスorインター出口へ向かう車線。

内側が京滋バイパスとインター入り口から、つまりこれから名神orインター出口へ向かう車線になったます。




ここで「あれっ?」と思った人も多いはず。

そうなんです。

このジャンクション、インター入り口から乗って、そのまま出口で降りることができてしまうんです(笑


と言っても、「設計上」なだけで(笑

どうなんですかね。

有人レーンだったら、説明次第ではタダ乗りさせてくれるんでしょうかね(笑

まあ本線走れないし、停車もできないからよくて1分の旅でしょうけど(笑





そしてさらに、これができることにより、なんと、同じ方面に行くのに、2つの方法がある路線があるんです(笑


それが
・名神大阪方面→京滋バイパス
・京滋バイパス→名神大阪方面

この2つ

たとえば、名神大阪から京滋バイパスへ向かう場合、


通常ルート、つまり案内看板、標識のルートでは、

名神上のジャンクションへの分岐から始めて


左→右

で京滋バイパスに乗れます。


しかし

2つめの分岐、つまり京滋バイパスor出口の分岐で出口を選んでも次にある分岐でインターから乗ってきた車用の京滋バイパスへの分岐に進めば、そのまま合流できてしまうのです(笑



ただし、


グーグルマップ等を見ていただければわかるんですが、合流分流区間が短いため、実際にはやらない方がいいでしょう(笑

それに大山崎は渋滞で有名ですからね(笑







はい

長くなりました。

それでは次のポイント!!


実はこのジャンクション、まだ未完成なんです。

京滋バイパスが北側に延びる予定なんです。



あ、そうだ、
京滋バイパスじゃなくて第二外環状道路ね。(笑

訂正訂正。

これにより、大山崎は4方向+インター併設という、とてつもなく大規模なジャンクションへと成長するのです。



で、この延長部分、京滋バイパスが北側に延びる(外環状)だけで、ランプはそのすべてが名神の南側に作られるのです。(と言っても個人的な見解ですが(爆)



たとえば、外環状から名神京都方面に行く場合、通常の4方向ジャンクションならば左折ランプ1本で解決ですが、

大山崎の場合、1度名神をまたいで、例の合流車線を走り、そして名神へとつながるのです。(と言っても個人的な見解ですが(爆)


まあ一般人にしてみれば

ややこしいし、遠回りだし。



でもジャンクションが好きな人からすれば、

左折なのにぐるぐる!!
高架もくぐって最高!!


てな感じになるわけです(ならねーよ





個人的な見解、と書きましたが、

実際、橋脚部分はできていて、それを参考に接続路線を推測していくとこれしかないんです、はい。



京都の長岡に、にそと情報館 というものがあるらしいので、来週見学に行ってくる予定です。

なんでも大山崎ジャンクションの完成模型があるんだとか(わくわく









でも?

模型を見るだけじゃつまらない!!

じゃあ自分で作っちゃおうか!!




ということで、3DCGで再現したいと思います。

長々とまえがきを書きましたが、これが言いたかったんです(ぇー


というわけで、


大山崎ジャンクションCG化計画、スタートです。
スポンサーサイト

theme : 雑記
genre : 日記

プロフィール

tomo

Author:tomo
ジャンクションが好きすぎて開設したブログ。
主に関西方面のジャンクションが中心になってますが、どうぞよろしく。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。